HOME > St. Christophers Blog > クイーン・エリザベス船内見学会

クイーン・エリザベス船内見学会

2016.3.30.

先日、オーシャンライナー『クイーン・エリザベス(QE)』が3年連続の日本寄港という
素晴らしい記録を受けて、寄港地である横浜港に向かい船内取材をしてまいりました。

英国領バミューダ籍の『クイーン・エリザベス』は、1938年に建造された初代の3代目にあたります。約500億円をかけて建造され、2010年10月12日にデビューしました。
定員2,081名を乗せる船の内装は、寄木細工をメインとしたアールデコの現代版が特徴的。
一歩足を踏み入れた瞬間からここは英国。優雅で落ち着きのある佇まいが広がります。
キャプテンの貴重なインタビューも行われました。日本の着物がお好きなんですって!
2016.3.30_QE1_300×225.jpg2016.3.30_QE2_300×225.jpg2016.3.30_QE11_300×225.jpg2016.3.30_QE12_300×225.jpg

特に英国らしさを感じたのは、パブやラウンジ、シアターです。
ゴールデンライオンパブで伝統的なパブランチを楽しみ、
2層吹き抜けのシャンデリアが見事なラウンジではアフタヌーンティーを、
そして充実した図書館やスパ&フィットネスで心身ともにリフレッシュ。
プールやジャグジーでのんびり過ごすのも素敵です。
2016.3.30_QE3_300×225.jpg2016.3.30_QE4_300×225.jpg2016.3.30_QE6_300×225.jpg2016.3.30_QE5_300×225.jpg

夜は、ロイヤルコートシアターで鑑賞タイム。
女王陛下が命名式でお座りになられた15番ボックスを記念に撮影しました。
エリザベス女王の銅像や肖像画も美しいです。
2016.3.30_QE7_300×225.jpg2016.3.30_QE9_169×225.jpg2016.3.30_QE8_300×225.jpg

今回のワールドクルーズは1月10日に英国・サウサンプトンを出発し、
日本は長崎、鹿児島、横浜、大阪、広島、沖縄の順に寄港して、様々な歓迎イベントが開催されます。フルクルーズなら5月10日にサウサンプトンに到着する、121泊122日間の旅です。オーシャンビューが見事な心地よいお部屋でゆったり寛げます。区間クルーズも楽しめるので、行きたい場所や予定に合わせて決めるのも良いですね。そしてお子様連れにも優しく、キッズルームや遊具が充実しているのも印象的でした。
2016.3.30_QE10_169×225.jpg

2017年も『クイーン・エリザベス』『クイーン・メリー2』『クイーン・ヴィクトリア』のワールドクルーズが実現いたします。
英国気分に浸れるクルーズバケーションにすっかり魅了されました!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone